脳梗塞治療は専門医へ依頼~リハビリ治療が重要~

看護師

脳にできるがん

脳腫瘍は頭蓋骨の中にできる腫瘍であり、その種類も様々です。しかし頭蓋国内で大きく成長すると圧力が高くなり、意識障害や頭痛、吐き気などの症状を及ぼします。手術が一番の治療法ですが脳であるため慎重に検討し手術を行います。

病院

最新の医療技術

サイバーナイフ治療法は、脳腫瘍など高精度の腫瘍に対して施す医療ですが、かつてのガンマナイフと異なり頭蓋骨を固定するなどの処置が必要なく苦痛を感じさせずに治療することがメリットです。自動追尾など機能が満載で医師も治療に専念できます。

男性

膠原病の診断に有効な方法

免疫沈降とは自己抗体にくっつく抗原という物質を科学的に作る事です。この抗原を患者の血液と混ぜることによって病気の診断ができます。はっきりとした診断が出るために、しっかりと治療が受けられるという事がメリットです。

半身が不随になる人も

悩み

リハビリが大切

脳梗塞を起こしてしまうと壊死してしまった脳細胞がつかさどっていた体の機能の麻痺がおこってきます。壊死してしまった細胞が広範囲になればなるほど体の機能が失われていくことになります。脳梗塞にかかってしまって半身不随になった人も多くいます。脳梗塞になった時には早期の発見が大変に大切になってきますが、この病気の特定には専門性が必要になるため専門医がいる病院でこの病気の治療を行わなければなりません。また早期の処置が必要になってくるためになるべく早い段階での専門医への受診が大変に大切になってきます。治療が早ければ早いほど脳内の血管に詰まっている血栓の除去がスムーズに行われることになり、脳細胞の壊死が最小限に食い止められることにつながってきます。

血圧の管理

体にまひが残ってしまった時には、体の機能を取り戻すためにリハビリが有効な手段だといわれています。小さい毛細血管が詰まった時には脳細胞の壊死の範囲も少なく、体の機能を回復することも比較的に容易に取り戻すことが可能です。脳内細胞はある程度の細胞が壊死してしまっても正常な他の細胞がそれを補って行う力を持っていますのでリハビリをすることで他の脳細胞が活性化されて体の機能が回復することがあります。脳梗塞の病後はリハビリが最大の治療の一つとなっています。また再発を防ぐことも大変に重要で、血圧の管理を徹底的に行って動脈硬化を起こさないことにも心がけていかなくてはなりません。また食生活を改善して血流を改善することも治療の一つです。